自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 出展規約>

第1条(目的と規約の遵守)

1. この出展規約は自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展(以下、展示会とする)を主催する公益社団法人自動車技術会(以下、主催者とする)と出展社(以下、甲とする)に関する事項を定めるものである。
2. 甲は、 出展申込および出展にあたっては本規約を遵守するほか、主催者が発行する印刷物(「出展のご案内」、「出展の手引き」など)に記載されたその他の展示会規約を遵守することに同意するものとする。

第2条(展示の設置と撤去)

1. 甲は、主催者が出展社説明会において配布する「出展の手引き」で指定された時間内で展示の設営と撤去作業を完了するものとする。
2. 前項の規定にかかわらず、甲の設営作業時間延長の要請を主催者が認める場合は、主催者が別途定める時間外作業時間の手続き・延長料金の支払いをもって作業することができる。

第3条(出展申込方法と申込期限)

1. 甲は、展示会の小間および主催者が企画するその他のコーナなどの出展申込に必要事項を記入登録の上、主催者に提出するものとする。
出展申込受領後、展示会運営事務局より出展申込完了メールをE-mailにて連絡するものとする。この出展申込完了メール本文中の申込日に記載された期日を出展契約締結日とし、甲は出展小間料および主催者が企画するその他のコーナなどの支払い義務を負うものとする。
2. 申込締切日は「出展のご案内」に記載されている期日を期限とする。
3. 前項の規定にかかわらず、主催者は、予定小間数に達し次第、申込を締切ることができる。

第4条(共同出展)

1. 二社以上の出展社が同じ展示スペースを相互利用して出展する場合は、契約する出展社が代表出展社となり、残りの出展社は共同出展社となる。
2. 代表出展社は、共同出展社名を出展申込時に主催者へ通知するものとする。
3. 代表出展社は、共同出展社の分もあわせて出展小間料の支払いを行うものとする。
4. 代表出展社は、主催者からの諸連絡、配布物を取りまとめ共同出展社に通知連絡するものとする。
5. 主催者は、代表出展社および共同出展社名を出展社一覧および出展社情報に掲載するものとする。

第5条(小間の割当てと配置)

主催者は、甲の出展実績や申込小間面積に基づき展示小間の割当てと配置を決める権利を有し、展示効果の向上を図るために必要に応じて、小間面積の変更や再配置をする権利を有する。

第6条(出展小間料金の支払)

1. 甲は、主催者が発行する出展料金請求書を受理次第、「出展のご案内」に記載された期日2016年4月28日までに振込手数料を負担の上、請求額を指定金融機関口座に振込み、主催者に支払うものとする。
2. 甲の支払が期日までに実行されず、著しく滞ると主催者が判断する場合、主催者は甲の出展申込を解約する権利を有する。

第7条(出展の取消しまたは小間の縮小)

1. 甲は、出展を取消す場合または小間面積を縮小する場合、書面にて主催者に通知するものとする。
2. 甲は、主催者への通知が2015年12月1日~2016年1月27日の場合は出展料金の半額を解約・変更料として、2016年1月28日以降の場合は出展料金の全額を主催者に支払うものとする。
解約金には消費税を加算するものとする。
2015年12月1日(火)~2016年1月27日(水)まで 出展小間料金の 50%
2016年1月28日(木)以降 出展小間料金の100%

第8条(展示会開催の変更または中止)

1. 主催者は、天災、火災、その他の不可抗力の原因に基づく会期の変更または開催の中止をすることができる。
2. 主催者は、前項によって生じた甲の損害を補償する義務を負わず、また甲は、主催者への損害賠償請求権を放棄する。
3. 主催者は、第1項により会期の変更または開催の中止を行う場合、甲が支払った出展小間料金から準備費を含めた必要経費を差し引いた後の残金を甲に返金するものとする。

第9条(展示上の責任と賠償)

1. 主催者は、必要に応じて警備員を会場内に配置し、火災・盗難・事故・その他全ての危険防止に努め、同時に甲もこれらの危険防止と安全確保に努める責任を負う。
2. 甲は、甲の過失による事故や火災などの損害が生じた場合、その損害を賠償する責務を負う。

第10条(展示上の諸制限)

1. 展示物、装飾物の高さ制限は3.0mとし、主催者が必要と認めた場合を除き、原則としてこれを越える展示・装飾を禁止する。主催者が必要と認めた時は、甲が行なう展示準備作業に対して事故防止のための処置を命じ、その作業を制限もしくは中止させることができる。
2. 甲は、展示物について説明できる説明員を展示小間内に常駐させ、出展物の管理や来場者との対応等を行なうものとする。
3. 甲は、騒々しい電気装飾を利用した展示や音響システム、展示物への過度の照明、異臭を放つ展示物の陳列など、来場者、隣接小間に対して迷惑となる行為を禁止とする。また甲は、すべての音響システムに音量規制ができるように備えておくものとする。
4. 甲は、文献や見本品などを配布する場合、自社の小間内で行なうものとする。また、ノベルティ等の配布については、1点500円以内を限度とする。
5. 甲は、デモンストレーションを行なう場合、自社小間内もしくは聴衆者を収容できる場所を別途用意するものとする。
6. 主催者は、甲が通路をはみ出して展示したり、隣接小間に対して障害・妨害となるような展示行為を禁止する。
7. 主催者は、甲が開催中に展示目的と違う活動を実施することを禁止する。
8. 主催者は、甲の行為が来場者や隣接小間に対して迷惑となると判断した場合、それらの行為を規制もしくは中止させることができる。主催者が必要と認めた時は、次回以降の甲の出展申込を断ることができる。
9. 展示会の写真撮影権は、主催者が保有する。

第11条(規約書の解釈と改定)

この展示会は主催者が主催する学術講演会、フォーラム、シンポジウムなどで発表された技術情報の交流を促進し補完するものである。従って主催者は、会の活動方針にそって展示会を遂行するために、この規約書を適切に解釈し、また事前の通知なく改定できる権利を有するものとする。

第12条(合意管轄)

本規約(本出展規約)に基づく諸取引に関して訴訟の必要が生じた場合、主催者の所在地または主催者の指定する地域を管轄する裁判所を管轄裁判所とすることに合意するものとする。この場合、日本の法規に従い、また本規約を含む関連の規程は日本語のものを基準として行なうものとする。
(2015.8)

個人情報の取扱いについて

株式会社大成社(以下、運営事務局という)は、公益社団法人自動車技術会(以下、主催者という)が主催する「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2016(以下、展示会という)」を受託し事務局代行業務を遂行するにあたり、出展社から取得した氏名、住所、勤務先、電話番号等の情報(以下、個人情報という)を以下のとおり取扱います。

1.個人情報の利用について

運営事務局が取得する個人情報は、次の目的に利用いたします。

(1) 出展資格の確認、登録の確定
(2) 出展資料の送付
(3) 出展費用の請求・支払確認
(4) 自動車技術展開催における出展社への必要な確認、連絡事項
(5) 主催者によるその他の事業に関する連絡・告知

2.業務委託について

運営事務局が収集し、または預かった個人情報を運営事務局がその関連会社等に委託する場合、守秘義務契約や厳正な管理監督等により、運営事務局は当該関係会社からの漏えいや再提供の防止を図ります。

3.第三者への提供について

第三者へ無断で提供することはありません。

4.個人情報の開示、訂正、利用停止、廃棄に関して

出展申込で登録された個人情報の開示、訂正、利用停止を希望する場合には、運営事務局までご連絡ください。なお、これらの個人情報は展示会終了後、一定期間後に適切に廃棄いたします。

●公益社団法人自動車技術会の個人情報保護規則、プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。
個人情報保護規則  :https://www.jsae.or.jp/01info/newrules/46.pdf
プライバシーポリシー:https://www.jsae.or.jp/tops/privacy.php

出展社IDとパスワードをご確認の上、再度ログインをお試しください。